EDというだけでも恥ずかしいものですが、ED治療をしているのを誰かに知られるのはもっと恥ずかしい!と考えるかもしれません。ですが、EDは治療すれば治るのです!恥ずかしい気持ちもあるとは思いますが、しっかり治療してEDを克服しましょう!

ED治療は恥ずかしくないと元気づけている男性
ED治療は恥ずかしくないと元気づけている男性

ED治療の方法はどんなものがある?

ED治療には様々な方法がありますが、EDを治療するには薬を使うことが最もポピュラーな方法かと思います。世界で初めてED治療薬として登場したバイアグラは有名ですが、その他にもレビトラやシアリス、タダシップは勃起障害に効果ありです。これらは勃起を邪魔する酵素の働きを阻害し、陰茎への血流を良くすることで勃起しやすい環境を整える作用がありますが、勃起をするためには性的興奮を受けることが必要になるため、ED治療薬を服用することで必ず勃起する、という訳ではありません。それでも服用することで満足のいく性交渉をすることが出来る人は多くいます。
他のED治療法としては陰部へ直接注射を打つ方法を挙げることが出来ます。これは即効性があり高い効果を期待することが出来ますが、陰部への注射ということで治療法として積極的に選ぶ人は少ない傾向にあり、薬を服用できない場合に行う方法として使われます。また喫煙や運動不足による血行不良がEDの原因であるならば禁煙をしたり適度な運動をすること、栄養バランスが悪いことが原因であるならば食生活を見直すこと、ストレスの様な心因性が原因であるならばその原因を解決する等、EDの原因を直接解決することも方法として挙げられます。他の治療方法では男性機能の向上させるツボの指圧、サプリの服用による栄養素の補給などもあります。
EDは非常にデリケートな問題なので、友人や家族にも相談しにくい内容と言えます。しかし性交渉を失敗した、という経験がストレスになり更に深刻なEDを引き起こすことにもつながります。そうならないためにも自分に適したED治療を見つける必要があり、泌尿器科で相談すると良いでしょう。医師と相談し、原因を探ったりED治療薬を服用する等、自分に合った治療方法を探しましょう。

個人でED治療することは可能なのか

高齢になるとEDになる場合があります。体力の低下、また体内器官なども衰えてくるため、老化によるものと考えられます。ですが、若い世代であっても勃起不全などを起こす場合があり、医療機関での治療をすることで、ある程度回復したり、改善する場合もあります。
また、個人でED治療をしたい場合には、EDになった原因を把握することが大切です。どんな原因でその症状がでてしまったか、それを改善していくことで、症状が回復することもあるでしょう。
EDの原因には、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、その他にもストレスなど精神的な面などが原因になることも考えられます。
自分の生活を振り返り、原因になるものがないかをチェックしてみましょう。生活習慣が原因の場合には、規則正しい生活をしたり、睡眠をきちんととること、運動をする習慣を身に付けることなどが大切です。また、喫煙や飲酒などをしている場合には、これも原因の一つになることがあります。できるだけ禁煙を心がけることや、お酒もたしなむ程度に抑え、多量のアルコール摂取はしないように心がけましょう。
食生活では、体に必要な栄養が不足してしまうと、体内ではさまざまな悪影響がでます。それは、勃起などに関しても同じことがいえるので、栄養バランスなどはしっかりとした食事をすることが大切です。栄養不足などが起きないように、日頃から、食事には気を使い、暴飲暴食、偏食などは控えるようにしましょう。
精神面においても、強いショックを受けたり、ストレス、不安、緊張といった状態になると、勃起などにも影響がでることがあります。ストレスをできるだけ溜め込まないようにすることや、リラックスできる環境を作ることもEDを改善していくことにつながるでしょう。

ED治療はどれくらい費用がかかるのか

勃起障害や勃起不全になった場合であっても、適切に治療を受ければ改善する可能性があります。しかし、ED治療は長期的な治療になる可能性もあるため、費用の面が気になるところです。
では、ED治療にはどのくらいの費用がかかるのかというと、治療方法により異なってくるということになりますが、代表的な治療法として、薬を使ったED治療があります。この治療はクリニックなどでも手軽に行うことができ、薬の種類や量によって費用が異なってきます。
代表的なED治療薬としてはバイアグラが有名ですが、このバイアグラが一錠あたり1300円から2000円くらいと、その値段にも振り幅があります。しかし、病院で診察代などを薬代にプラスで取られるのに比べると、バイアグラは通販が安いため利用する人は増えてきています。他にも、即効性があったり、持続時間が長いなどの特徴がある治療薬でも、1錠で2000円くらいの費用となります。
クリニックでこれらの薬を処方してもらう場合は、薬代にプラスして診察代もかかりますから、費用としては一万円を超える可能性があります。ただし、ED治療に用いられる薬のジェネリック医薬品を処方してもらえば、治療にかかる費用を抑えることができます。例えば、バイアグラのジェネリック医薬品の場合、1錠あたり500円くらいの価格で処方してもらうことができます。
他の治療薬でもジェネリック医薬品がありますから、正規品の3分の1くらいの費用で処方してもらうことができます。これらの薬をクリニックで処方してもらう以外にも個人輸入するという方法もあります。レビトラのジェネリックのバリフは個人輸入で入手できます。薬の成分については、ほとんど正規品とは変わりがないので、効果についてはほぼ同様の効果を得ることができます。ただし、海外製の未認可のものも流通していることがありますから、安易に安ければよいということでジェネリック医薬品を使うのではなく、よく調べてからジェネリック医薬品を服用することが大事になってきます。