EDというだけでも恥ずかしいものですが、ED治療をしているのを誰かに知られるのはもっと恥ずかしい!と考えるかもしれません。ですが、EDは治療すれば治るのです!恥ずかしい気持ちもあるとは思いますが、しっかり治療してEDを克服しましょう!

ED治療は恥ずかしくないと元気づけている男性
ED治療は恥ずかしくないと元気づけている男性

ペニスの持続力改善なら運動、地道にED治療

運動不足な暮らしが続きますと、男性の生殖機能がどんどん低下していきます。
腕や足の筋肉同様に、ペニスの働きも運動不足によって急激に低下する事が多く、性欲が健在だったとしても、勃起力だけが良くない生活習慣によって喪失するケースがあります。
現代は特に歩かなくてよい便利な町並みになりました。動く歩道に便利な公共交通機関、自宅にはエレベーターが設置されており、普段の移動は地下鉄やバスや飛行機が中心となりましたので、かなり意識していないと、普通の男性は運動不足状態に陥ります。
下半身の筋力と勃起の持続力は因果関係があるとされ、太ももや腰回りの筋肉が衰えると健康的な性交渉が出来なくなります。

20代から40代といった比較的若い男性なら、仮に足腰の筋力が衰えても性交渉そのものは可能です。
しかし、勃起の持続力が運動不足によって低下しているため、ペニスの亀頭の硬さが低下し、女性器に挿入しても直ぐに抜けてしまう等、行為を中断させる良くない出来事が多発します。
ED治療は早め早めが肝心です。既に亀頭の硬さが以前よりも低下していると感じる方々は、月並みですが運動量を意識的に増やしましょう。

何もアスリートのようなハードな特訓をいきなり始める必要はありません。
ちょっと散歩の時間を増やす、アンクルウェイトを着用して雑用を始める、空き時間を見つけてスクワットや筋トレを行う等の些細なアイデアを実践するだけでも、ED治療の効果が現れます。
運動不足が少しでも解消出来れば、ペニスの持続力はそれに比例して蘇ります。
軽い運動には心労解消の効果もあり、EDの原因であるストレスフルな精神を払拭する副産物的メリットが得られます。
運動量が安定してきたら、持続力に優れた萎えにくく、亀頭ががっちりとしたペニスが復活しますので、セックスの品質も上がり、満足行く性生活が蘇ります。